ニュース

物件ごとの閲覧制限が可能となる「権限設定機能」を追加しました

株式会社プロレド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐谷 進、証券コード:7034)は、Pro-Sign賃貸借契約書において、物件ごとの閲覧制限が可能となる「権限設定機能」を追加いたしました。

■「権限設定機能」開発の背景
Pro-Sign賃貸借契約書では、関係者全員にIDを発行しており、情報を一つにまとめておくことが可能となっております。
一方、契約情報は機密性の高いものであるが故に、ご利用企業様によっては、「担当者には担当物件しか見せたくない」「グループ会社の担当者に別のグループ会社の情報が見れる状況を避けたい」といったご要望を頂くケースが多くございましたので、今回の「権限設定機能」を開発いたしました。

 

■機能概要
今回の新機能「権限設定機能」により、各IDに物件の閲覧制限が可能となりました。例えば、管理職には全物件閲覧可能権限を、担当者には自分の担当物件のみの閲覧権限を、といった設定ができるようになります。またオフィスの賃貸借契約書だけではなく、社宅の賃貸借契約書を管理する企業様では、人事部や管理部といった担当部署に限定をして閲覧権限を設定することも可能となります。
担当物件やエリア等によって、特定の情報しか見られないように制限をかけることで、不要な情報閲覧を制限しながら簡単に情報共有が可能となり、多くのお客様からお喜びの声をいただいております。

※イメージ

■Pro-Sign賃貸借契約管理とは
物件情報のデジタル化を通じて、賃貸借契約だけに限らず、物件の基本情報や物件毎に存在する業務委託契約、リース契約等、物件情報の一元管理を実現するクラウドサービスです。一元管理により業務の効率化を図り、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。導入の際は導入支援プログラム等、万全のサポート体制を準備し、物件情報の一元管理を実現致します。

■お問い合わせはこちら

 

  • ホーム
  • お知らせ
  • 物件ごとの閲覧制限が可能となる「権限設定機能」を追加しました