独自の項目を設定できる「任意項目」を追加しました

~コロナ渦で変動する営業時間も一元管理へ~

株式会社プロレド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐谷 進、証券コード:7034)は、Pro-Sign賃貸借契約書において、独自の項目を設定できる「任意項目」を追加いたしました。営業時間や席数など、契約内容のみにとどまらず、部署にまたがって管理していた情報を一元管理することによって、多店舗展開をするお客様の業務効率に役立てていただいております。

※イメージ

■「任意項目」開発の背景

これまで「Pro-Sign賃貸借契約書」では、賃料や面積、契約期間など、契約に関する項目が登録できるようになっておりましたが、御利用頂いている多くのクライアント様からの御要望で、店舗管理上の項目を設定できる「任意項目」を実装いたしました。
飲食店様であれば業態や立地条件、カーディーラー様であれば、点検や整備に必要なピットの数やメカニックの数等、会社様毎に色々な観点で管理が必要な項目が存在します。それらの情報が部署をまたがって点在していたため、Pro-Signで一元管理を図りたいというご要望を反映いたしました。

 

■機能概要

会社様毎に設定した店舗の基本情報を簡単に把握が出来るようになり、色んな情報源を確認しなければならなかったところを、効率的に管理が出来るようになりました。
営業時間や席数、分煙情報なども管理できるようになり、コロナ禍の情勢を受け、店舗の営業時間を流動的にされている会社様も多く、そういった基本情報の管理が出来る点において、非常にお喜び頂いております。


■Pro-Sign賃貸借契約管理とは

賃貸借契約書管理のDX化を実現し、賃貸借契約に関する情報の一元管理が出来るクラウドサービスです。一元管理により業務の効率化を図り、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。導入の際は、自社のリソースを割くことなく、万全のサポート体制で手間なくDX化を実現出来ます。

■お問い合わせはこちら