店舗に関連するリース契約や保険契約、図面や写真を紐づける 「関連契約の管理機能」を追加しました

~情報を一元管理し、修繕工事や原状回復工事の交渉をスムーズに~

株式会社プロレド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐谷 進、証券コード:7034)は、Pro-Sign賃貸借契約書において、店舗に関連するリース契約や保険契約、FC契約、図面や写真、名刺を紐づける「関連契約の管理機能」を追加いたしました。

■「関連契約の管理機能」開発の背景

賃貸借契約書を紙媒体で管理されている多くの企業様では、物件ごとに関連する情報を一冊のファイルにまとめており、それらすべてを賃貸借契約書と一緒にDX化をしたいとのご要望がありました。

これまでは賃貸借契約書データの保存のみとなっておりましたが、今回の機能リリースにより、ファイルに紙でまとめていた情報すべてがクラウド上で管理でき、一元管理をより一層後押しします。

■機能概要

本機能は、賃貸借契約書のみにとどまらず、リース契約や保険の契約、FC契約、図面や写真、名刺といった様々な情報を載せることが可能となります。

例えば、写真を物件に紐づけて保管をすることで、店舗修繕工事の保険会社との交渉や、更新の協議の際にスムーズにデータを取り出すことができます。

今までは各担当者のパソコンの中に保管されていた情報や、他部署で自由に保管されていたデータなど、探すことに苦労されておられましたが、この機能により、店舗の情報管理の一元化ができ、業務効率に役立てることが可能となりました。

 

■Pro-Sign賃貸借契約書管理とは

賃貸借契約書管理のDX化を実現し、賃貸借契約に関する情報の一元管理が出来るクラウドサービスです。一元管理により業務の効率化を図り、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。導入の際は、自社のリソースを割くことなく、万全のサポート体制で手間なくDX化を実現出来ます。

 

■お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • お知らせ
  • 店舗に関連するリース契約や保険契約、図面や写真を紐づける 「関連契約の管理機能」を追加しました