メインビジュアル

intra-mart Procurement Cloud
調達・購買

早期にクラウドで実現

  • 購買ノウハウの蓄積・共有
  • オリジナルカタログを手軽に構築
  • 100種類以上の見積仕様書
  • 各部署・各拠点の購買を集約

ABOUT

調達・購買機能について

物品やサービスの購買に関して、見積取得から価格交渉、サプライヤー選定、発注、納品、請求書受領までの購買業務に一気通貫で活用できるサービスです。メールや電話で行われている見積取得業務を、Procurement Cloudの見積機能を活用することで、より良い商材を安価で調達することができます。

サービス提供機能

事業戦略に基づいて、必要となるものを容易にサプライヤーの選定と交渉を経て購入することができます。
 個別発注していたものを計画的に購入したり購買を集約することで、ボリュームディスカウントにより安価な購買が可能となります。
 調達・購買業務が見積依頼から発注、検収、支払まで一気通貫で効率的な業務を行うことができます。
 不正な取引や過剰な支出を把握することができ、是正措置をとることができます。
 改正電帳法、インボイス制度、下請法への対応ができます。

ADVANTAGE 

特徴

  • 適正価格での購買のために
    intra-mart Procurement Cloud
    見積依頼(RFQ)機能

    購買品目に応じて適切な購買を実現するため、150種以上の見積仕様書を活用し、 クラウドでサプライヤー様に対して見積もりをお取りいただけます。従来の電話やメール、FAXでの見積業務を一新することで属人化を防ぎ見積(Sourcing)のノウハウを社内に浸透させることができます。今までの購買で取得したデータを保管し、いつでも確認することができます。自社購買データベースを構築し、従来の見積業務を一新します。

    理由1
  • 調達・購買業務の効率化
    intra-mart Procurement Cloud
    オリジナルカタログ機能

    社内で利用者が多く定期的に購入する物品、サービスがある場合は、オリジナルのカタログを作成し、特別価格で購入する仕組みを構築することが可能です。お気に入り、物品の比較検討をする機能も備えており効率よく購買をしていただくことができます。

    理由2
  • 購買のガバナンス強化
    intra-mart Procurement Cloud
    受発注機能

    見積からの発注、カタログからの発注、新規契約からの発注など様々な業務プロセスへの対応ができます。調達・購買に関わるあらゆる書類をクラウドで管理可能にします。購買管理規定に対応するための柔軟な承認フローを設定することができます。購買機能の中で適格請求書番号の有無や下請法のチェック機能もあり、内部統制の強化も実現することができます。

    理由3

サービスに関する
お問い合わせ・資料ダウンロード
はこちら

OTHER

その他機能

  • 請求決済機能

    サプライヤー様による電子請求書の発行から債権管理、バイヤー様による請求書を受取りから支払処理までを行うことができます。見積・発注・納品・支払いまで一気通貫で実施できることによりバイヤー様、サプライヤー様双方で業務効率化と内部統制の強化が実現できます。

  • 契約ライフサイクル管理

    契約書のドラフト作成、リーガルチェック、電子捺印(電子署名)の業務を電子化、効率化することができます。
    クラウドサインの電子捺印で印刷・製本・郵送などが不要になり、印紙代や郵送代のコスト削減につながります。

  • サプライヤー向け販売管理

    バイヤー様からの招待によりサプライヤー様は無料でご利用いただけます。見積依頼の受領による見込み案件の獲得、見積・提案書の作成、受注、出荷、請求書作成、入金・消込、会計への連携など一気通貫で販売管理をDX化することができます。

  • 契約書読取(AI-OCR)

    過去の契約書を電子化して管理し、過去の契約書を容易に検索できるようにしておくことで、トラブル時の調査や契約が終了してしまっているリスクを軽減することができます。
    紙やPDFの契約書を読み取り、契約署名、取引先、契約日、契約期間等の情報をデータにすることができます。
    ※α版のため、品質(精度)UPが必要です。ご協力いただける方を募集しております。

  • 請求書読取(AI-OCR)

    紙やPDFで受け取る請求書がある場合、会計システムに手作業で登録し、支払処理をすることになります。
    経理業務(支払申請)に必要な請求書の項目(請求金額、請求日、支払期日、支払方法、口座情報、取引先情報など)を
    データにすることがで経理業務を効率化することができます。
    ※α版のため、品質(精度)UPが必要です。ご協力いただける方を募集しております。

  • 金融EDI(DI-ZEDI)

    企業の会計処理における利便性向上等を目的とし、デジタル庁が公表したデジタルインボイスの国内標準仕様に対応した金融EDI情報標準「DI-ZEDI」に対応しています。Procurement Cloudは、振込依頼人(バイヤー)と振込受取人(サプライヤー)が相互で運用ができるクラウドサービスであり、請求から決済へのデータ連携による消込処理等の自動化が可能となります。

サービスに関する
お問い合わせ・資料ダウンロード
はこちら

FAQ

よくあるご質問

  • 【利用と料金について】どの企業でも利用できますか?利用にあたっての審査はありますでしょうか?

    現在はβ版ですが、ご利用をいただくことができます。所定の審査はございますので、まずはお問い合わせいただき、担当者より利用についてご案内させていただきます。

  • 【利用と料金について】使い方の説明書はありますか?また、使用方法はサポートしていただけますでしょうか?

    現在、導入企業様に直接ご説明をさせていただいておりまして、説明書も導入企業様にのみお渡ししております。導入後も利用に関してはサポートいたしております。

  • 【データの入力について】会計データ等、分析に必要なデータは自分で入力する必要がありますか?

    全て弊社の方で入力いたします。ほぼAIにて自動的に整理、入力、分析を行っておりますので、元データをアップロードいただけましたら、弊社にてすべて対応いたします。

  • 【データの入力について】アップロードは一括で出来ますか?例えば100件の請求書があった場合には、1個1個アップロードしなければならないですか?

    現在複数ファイルアップロード機能を対応しており、本機能リリース後は一括で対応可能となります。

  • 【セキュリティ】ID&PWを発行してログインする形という事ですが、それ以外のセキュリティ面での対策は実施していますか?

    以下のセキュリティ対策を行っております。
    - SSL/TLSプロトコルによる暗号化
    - IDとパスワード認証
    - WEBのゲートウェイやフレームワークによりソフトウェアの脆弱性対策
    - アクセスログ・レポート、データのバックアップの実施
    - 潜在的な脆弱性リスクを低減するため不要なサービス、アカウントの削除 等

  • 【セキュリティ】IPアドレスで特定の先からしかアクセスできないようなフィルタリング対応は行っていますか?

    IPによるフィルタリングは行っておりません。IPによるフィルタリングをすることで若干のセキュリティ対策にはなるもののアクセスできる範囲が限定され利便性が大きく損なわれるため、他のSaaSサービス同様に実施しておりません。

  • 【法対策について】下請法への対応はどのように行われていますか?

    下請法対象取引に対しては、発注・検収。支払などを行う際に制御管理がなされるようになっております。クラウド上で下請法に自動対応しながら、安心して購買業務を行っていただけます。

サービスに関する
お問い合わせ・資料ダウンロード
はこちら